4/28

今日も、お稽古です。

新しく立ち回りを教えて頂きました。頑張って覚えていきましょう。

 

4/21

3月の舞台も終わり、新たな演目の台本読みが始まりました。

難しい漢字の読み方や、独特の言い回しを台本に書きこみます。

新しい役も決まり、新たな気持ちでまた始めましょう!

12/23

今日はお稽古の最後に、先生方からクリスマスのプレゼントを頂きました。

満面の笑み。

10/14

覚えてますか?前回のお稽古で習った振り。。。

それぞれの振付が沢山あるので、個人的に家でちゃんと覚えていきましょう!お母さん方もビデオを撮ったりして協力いただいています。今までやった事のない場面設定に戸惑いながらも、お稽古頑張っています。

他の子供たちがお稽古している間は、静かに待てるようになるのはいつになるのか・・・

親子共々、頑張っていきたいと思います。

9/16

演目が変わり、配役も発表され本格的に新演目のお稽古開始です。

3月の舞台に向け、新しい演目と配役にわくわくしながらお稽古しました。

練習時間も短い中、頑張ってお稽古に励んでいってほしいと思います。

5/13

新しい演目でのお稽古が始まりました。

まずは台本読みから入ります。いつもと違ったお稽古風景。

2/25

舞台まで後、約1ヶ月となり花四天は音にも合うようになってきました。勘平、おかる、坂内の3人は覚えるところが多く、タイミングを合わせる事や、振りが難しかったりと。。

自主練もがんばりましょう!

2/18

やはり、音と振りのタイミングが合うときと合わないときがあるようです。

花四天の練習です。

花の枝は、本番用なので大事に使ってくださいとのことでしたが、、落としたり枝が曲がったり。。。

もうちょっと、気を引き締めてください!

家でも、CDの音を聞いておぼえましょ。

2/4

今日も、いつものようにお稽古はじまりました。

奥山こども歌舞伎まつりの舞台まで、2ヶ月きり子供たちは気を引き締めてがんばっていってもらいたいものです。

今回は、今まで以上に音楽に合わせた振りが大切な演目なので音もしっかり覚えてお稽古に励んでください。

今年は雨じゃないといいですね・・・

1/14・21

明けましておめでとうございます。今年も、浅草こども歌舞伎会頑張ってまいりたいと思いますので、皆さんのご支援・ご協力よろしくお願いいたします!

 

さて、今年も初練習が始まりました。5月に石川県小松市での「第18回全国子供歌舞伎フェスティバルin小松」にご招待いただきました。

この小松の舞台と、毎年行っている浅草神楽殿での3月の舞台に向けて、自主練習や自宅で音のCDを聞いて流れを覚えたりと、年末に引き続き頑張っています。

 

台詞を覚えるよりも、体の動かし方・タイミングが子供たちには難しいのでしょうか。。。一生懸命がんばってます。

頑張ってお稽古していきましょう!先生方、宜しくお願い致します。

12/3・10

 

3月に向けてのお稽古。

演目は「仮名手本忠臣蔵より道行旅路の花婿 -落人-」と決まり、こども達は自分の配役を一生懸命練習し始めました。10日が3回目のお稽古です。この日に石川県の小松の方がお稽古を見に来られました。こども達はドキドキしながらも、お稽古をおこないました。とーっても自己アピールしていた子も居たりして(笑)、刺激のあるお稽古でした。小松に行くまでに、どれだけ成長してくれるか楽しみです。

7/9,7/16

 

8月の舞台向けてのお稽古。

もうあまり時間がありませんが、何度も舞台で演じた事のある「白波五人男」。ただ、皆やった事のない役柄を2役演じることになっています。Aチーム、Bチームがあって、それぞれのお稽古を2時間の間でこなします。台詞も最初の時よりは、耳から何度も聞いてなんとなく頭に入っているから、台詞を言えるようになるのは早かったです。あとひと踏ん張り。

 

新しい小さい役者さんも一人増えて、新しい風が吹いてきた子供歌舞伎教室。さて、今年の舞台はどうなるか?!お楽しみに♪

3/12, 3/19

とうとう、お稽古も最後になってしまいました。

鳴りものと長唄のお姉さん方、お手伝いいただく先生方が来てくださり、最終確認と最後のお稽古を行いました。台詞や振りはも覚えているものの、歌のどの部分でどのふりを始めればいいかなどの、部分が少しわかっていなかった部分がふあるようでした。先生方にしっかりと教えていただき、子供たち自らどこがわからないのか。先生に確認する姿も見受けられました。

流石に緊張感が漂ってきています。

 

大体の流れは、出来ているようでした。お母さんたちの掛け声を除いて・・・・汗

実際に、三味線や長唄のお姉さんの生歌でのお稽古は、とても素敵でした。日本の伝統文化を学んでいるんだなという実感が、子供たちはもちろんお母さん方も感じていたと思います。

 

 最終の細かい確認と、先生からのお言葉を頂き最後のお稽古が終了したのは、21:00ごろでした。

 

本番を楽しみにしていてください!

 

子供たちが、お稽古の成果を十分に発揮してくれる事を、私たちも楽しみにしています。

お稽古の様子

3/5(土)

 最初から最後まで音を流しながら、通しでお稽古。

覚えてますか?大丈夫ですかっ??

お面銜えられますか?お面は、ゴムで付けるものじゃないんですね。お祭り感覚でした。ごめんなさい。

親は、不安でいっぱいですが、親の心子知らず。。。

緊張感ありました・・・っけ?

 

逆にいえば、度胸が据わっているのでしょう。しっかりと、覚えたところをこなしていました。わからないところや、間違えてしまったところもありましたが、まだ本番の舞台まで2回のお稽古があります。大丈夫です!

今回は、役が付いている子たちと若者役の子たちで覚える振りの量が少し異なりますが、、、こらっ、子供たち!

他の子がお稽古しているときはちゃんと見ていてください。「そこ、おしゃべりしない!」 「シャンシャン音させない!!」 はい、注意されたー。(==;)

すいません。。。

親の台詞「待ってました!!」も、忘れないようにします・・・

右は、頭と若者の喧嘩シーン。頭に軽~くあしらわれるところを表現します。小さい体で、大きい動作をして見に来てくださった方にわかるように表現するのって、難しいですね。でも先生に褒められたところもありましたね。

 最後に先生から難しい事をやっているけれど、あと2回あればちゃんと出来ますよ!きちんとお稽古をして、家でもお稽古や台詞を思い出してやれば大丈夫だと言っていただきました。子供たちの心には響いたんでしょうかね。。。

とにもかくにも、あと2回!親子ともども頑張ります。皆様に立派な舞台を見ていただきたいと思っています。

2/20(土)

 主役の子たちの立ち回りのタイミングや、台詞の言い方など出来ていないところ、をチェックして頂きながら最初から流れに沿ってお稽古しました。

 音楽がとても速く、振付けが間に合わないという事が全体的に見られました。どれだけ速いテンポでやらなければならないかを再度教えてもらいました。

 

ほらそこ!ちゃんと聞いていなさい!(お母さんからの注意の声も聞こえたり。。)

待ち時間に、先生からおしゃべりをして注意されたりという場面も見受けられましたが、、、、。

舞台の準備関係もあり、お稽古が少々長引きましたが、最後はいつも通りのご挨拶でお稽古終了です。

 

この写真・・・・・・

ものすごく引き締まって見えるのは私だけでしょうか。。。 

 

この数秒後の写真はUP出来ません・・・ね・・・